雑記

WordPressにads.txtを追加する

投稿日:




大体のブログがそうであるように、このブログにもGoogle アドセンスの広告が貼ってあります。
ある日、Google アドセンスのコンソールを見ていたら

要注意 - ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。

と警告が出てきたので修正しました。
簡単ですがやり方をメモ。

ads.txtとは

Google曰く

サイト運営者様は ads.txt を独自に作成することで、自サイトの広告枠の販売者を厳密に管理し、偽の広告枠が広告主に提供されるのを防ぐことができます。

ads.txt は、使用することを強くおすすめします。ads.txt を使用すれば、購入者が偽の広告枠を判別できるため、サイト運営者様としても偽の広告枠に収益が流れるのを阻止し、その分収益を増やすことができるというメリットがあります。

だそうです。
ないからダメというわけではないようですが、強くおすすめということなので追加できる人は対応したほうがよさそうです。

WordPressにads.txtを追加する

ads.txtを作る

テキストエディタを開き、以下を張り付けてads.txtという名前で保存します。

pub-0000000000000000の部分は自分のサイト運営者IDに置き換えてください。

サイト運営者IDを確認する

Google アドセンスのアカウント情報で確認できます。

ads.txtをサーバーにアップロードする

アップロード場所はサイトのルートディレクトリです。
WordPressの場合は、以下のような形になると思います。

上げ方はFTPでもsshで入ってvimで書くでもなんでもOK。
私はVSCodeを使って直接書きました。
超便利!!

Remote Developmentでリモート先のファイルをVSCodeで編集する

先日、待ちに待った機能が正式にリリースされました!!  www.publickey1.jp  247 usersVisual Studio Code 1.35安定版リリー ...

続きを見る

あとはads.txtのパスを叩いて書いた内容が表示されればOKです。

このファイルがないせいで広告収入が入らなくなった、なんてことになったらつまらないので、気付いたら早めに対応するのがよさそうです。

 

-雑記
-

Copyright© そんなこと猫でもできる , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.