デジモノ

ドルツ ジェットウォッシャー EW-DJ71-Wがやってきた

更新日:




口を開くと、顎がカコカコなる人はいませんか?
心当たりがある人は、すぐに歯医者で相談したほうがいいですよ!!
私は数年放置した結果、顎関節症で顎がはまり込み、全く開かなくなりました。
今は矯正で治療中ですが、3年経った今も終わっていません。。。

そんなわけで、今も歯にワイヤーがついている状態なんですが、

  • めちゃくちゃ食べ物が挟まる
  • 口をゆすぐくらいじゃきれいにならない
  • ワイヤーが邪魔でフロスが使えない
  • 器具に挟まって歯ブラシの毛が抜ける

などなど。。。
上の奥歯なんて見えないうえにぐるりと器具がはまっているので、どうしても磨き残しが出ます。。。
それでも3年間歯ブラシだけで頑張っていたんですが、たまたまかかりつけじゃない病院で容赦なくゴリゴリと歯石を削られ、口の中が血だらけになった時に思いました。

そうだ、電動歯ブラシ買いに行こう。

最初は普通の電動歯ブラシを買う予定だったんですが、よくよく考えると、歯についている器具を壊してしまう可能性があることに気づきました。
そこで別の方法を考えたところ、ウォーターピックに行きつきました。

ジェットウォッシャー VS  エアーフロス

ウォーターピックは複数のメーカーから出ていますが、有名どころはパナソニックとフィリップスのようです。

ジェットウォッシャーは、その名の通り水を高圧で噴射するタイプ。
バッテリーで動作するモデルもありますが、これは電源につないで使うタイプです。
水が600ml入ります。

それに対して、エアーフロスは少量の水をビュッと射出するタイプです。
コードレスなので、持ち運びにも便利。

ジェットウォッシャーお持ち帰り

ビックカメラに行ってみたところ、サンプル機が置いてありました。
両方水は入ってなかったですが。。。

ジェットウォッシャーは、結構でかい。
水がないので、水流の強さはわかりません。

エアーフロスは、水がなくても風が出ます…が、なんだか弱い気がする。
上位モデルのエアーフロスウルトラもありますが、値段が上がります。。。

当面持ち運ぶ予定はないし、ネット上での評価もジェットウォッシャーのほうが良さそうなので、こちらを購入することにしました。

使ってみる

自宅に帰って、さっそく使ってみます。
仕様イメージはこんな感じ


慣れている人はパワー不足と感じる人もいるそうですが、私にとっては十分すぎました。
歯茎に当たる分にはいいのですが、舌や喉の奥に当たるとレベル6くらいでも痛いかも。。。

噂の口からドブのにおいがした、という件は、私の場合毎月矯正で歯医者に行くときに掃除しているので、特に感じませんでした。
が、歯磨きの後でも食べかすが出てくることがあるので、効果はあるようです。
あと、なぜか猫毛が出てくる…w

飽きたら掃除に使おう

こういうのって、最初は物珍しくて使うのに、飽きてくると使わなくなったりしますよね。

そんなときの使い方第二弾、なんと簡易高圧洗浄機になります!!

レベルをMAXにしてプシャー!!っとやると、汚れが落ちていい感じです。

まとめ

レビューしている人たちが書いていますが、ジェットウォッシャーを使ったとしても、「汚れをこすり落とす」ために歯ブラシは必要です。
ですが、歯ブラシだけよりは確実に虫歯予防になると思います。

もし飽きても、掃除に使えるし。

あぁ、矯正終わったら、電動歯ブラシも欲しいな…。

-デジモノ
-

Copyright© そんなこと猫でもできる , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.