プログラミング

Windowsのログファイルを監視する

投稿日:




ちょっとWindows用ソフトのLogファイルをチェックすることがありまして。
Linuxならtail -fで一発ですが、Windowsはtailコマンドないらしい。。。

じゃーどうすんのよ、ってことで調べたら簡単だったのでメモ。

スポンサーリンク

PowerShellを使う

PowerShellだとこんな感じ。
tailはGet-Contentのオプションになってます。

末尾の10はコマンド実行時に末尾から何行表示するかなので、特にいらなければ1でもOK。

実行するとこんな感じ。
それにしてもWindows標準のPowerShellウィンドウは見にくい。

あと、Linuxターミナルみたいにファイル監視中に空行を入れることができないようです。
ちょっと不便かも。。。

VSCodeを使う

PowerShellも覚えたほうがいいんだろうけど、どうにもコマンドレットを忘れちゃう。
と思ってたら、もっと簡単な方法がありました。

やり方はVSCodeでLogファイルを開くだけ。
VSCodeでなくても、最近のエディタならできるんじゃないかな。

よさげなLogファイルがなかったのでCMDで以下を実行。

コマンドを実行するたびにVSCode上のファイルも更新されてますね。
VSCodeの標準機能で色もついてます。

 

もう少し複雑なLogならLog File Highlighterを追加すると見やすくなります。
CSVファイルだったらRainbow CSVを入れるといい感じ。

Logファイルを直接開いてるので、空行の挿入も可能です。
他のツールで読み取るから空行入ると困るという場合は使えませんが。。。

スポンサーリンク

PowerShell + VSCodeを使う

やっぱり元ファイルを開いてあれこれするのは…ってことで。
PowerShellでTailの結果を別ファイルにリダイレクトして、そっちをVSCodeで開くのが一番影響なくていいかも。

好きなだけ空行入れられるし、コメント書いても怒られない。
これでちょっとは楽になるかな?

 

-プログラミング
-,

Copyright© そんなこと猫でもできる , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.