プログラミング 環境

Remote Developmentでリモート先のファイルをVSCodeで編集する

投稿日:




先日、待ちに待った機能が正式にリリースされました!!

Remote Development機能を使うと、リモート先にあるファイルの編集にVSCodeを使うことができます。
これでVimとおさらばできる…!!

事前準備

VSCodeをインストールする

Windows、Mac、Linuxに対応。
必要なファイルをダウンロードします。

日本語化する

Japanese Language Pack for VS Codeプラグインを入れると日本語になります。

Win32-OpenSSHのパスを通しておく

Windowsの場合はOpenSSHが必要です。

2019/06/14現在、私のWIndows10にはopenSSHのベータ版がインストールされていますが、これは使えないようです。
Win32-OpenSSHをダウンロードして任意の場所に置き、パスを通しておきます。

パスワードなしでログインできるようにしておく

ssh接続時にパスワード入力が必要だと接続できません。。。
なので、鍵認証にしておきましょう。

.ssh configとssh-agentでssh接続を簡単にする

以前、RLoginでエックスサーバーに接続する方法を書きました。 RLoginを使う場合はこの方法で問題ないんですが、コマンドラインでssh接続する場合は結構手間なんですよね。。。 そこで、ssh c ...

続きを見る

Remote Developmentをインストールする

Remote Developmentプラグインをインストールします。
その他、いくつかのプラグインが同時にインストールされます。

リモート先に接続する

プラグインをインストールすると、左メニューに①のアイコンが追加されます。
②の設定アイコンを押すと.ssh configを開けるので、接続設定を書いておきます。

configの③Hostに記載した名前が左カラムに表示されるので、④のWindowsアイコンをクリックすると自動でssh接続が開始されます。

フォルダーを開く

接続が完了すると、新しいウインドウが開きます。
現在の接続先は左下に表示されます。

パスは補完できます。

ファイルを開く

ツリーからファイルを選んで開くと、ローカルと同じように編集できます。
ただし、編集権限があるファイルしか保存できません。

VSCodeで開いているファイルがほかのユーザーやターミナルで更新された場合はリアルタイムで反映されます。

プラグインをインストールする

リモートで起動した環境にはプラグインがインストールされていません。
必要なものを別途インストールしましょう。

ローカルでインストールしているものはon SSH:と表示されます。
通常インストールを行っても、ローカルには反映されません。

インストール後は再読み込みボタンをクリックします。
ファイルを開いていても問題なさそうですが、念のため保存してからやるのがいいと思います。

ターミナルでコマンドを実行する

表示メニューからターミナルを表示します。

ターミナルは分割して表示できます。
VSCodeではroot権限での接続ができないですが、ターミナル上であればroot化可能です。
(rootになってもVSCodeの編集権限は変わらない)

vimを開いた場合は、通常通り.vimrcの設定が反映されます。

もうターミナルソフトいらないかも

一時期RLoginにはまってたりしたんですけど

RLoginで踏み台経由でログインする

お気に入りのWindwos用ターミナルRLogin  そんなこと猫でもできるRLoginでエックスサーバーにSSHする方法https://nekodeki.com/rlogin%E3%81% ...

続きを見る

どうにもvimの良さがわからなくてですね…。
ローカルのVSCodeで編集したものをvimの:%dで消す→貼り付けしてたんです。

でもこれなら編集にVSCode使えるし、プラグイン入れておけば変数の定義元へのジャンプもできるし、エラーログに吐かれるファイルをCtrl+クリックで開けるし、とかなり便利になりました。
ユーザー権限によって制限がある場合もありますが、ターミナルがあるのでなんとかなります。

便利なツールはどんどん使っていきたいですね!

-プログラミング, 環境
-, ,

Copyright© そんなこと猫でもできる , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.