ツール プログラミング

GitKrakenでコミットメッセージを修正する

投稿日:




GitKrakenでGitHubのチケット管理システムを使ってる話。

カンバン+GitHubでチケット管理ができるGitKraken Glo

WEBスクレイピングツールを作ったんですが。 GitHubに上げてからも改修が必要そうなのがちらほら。 チケット管理ツールが欲しいなぁ。 と思っていたところ、普段使っているGitKrakenにGitH ...

続きを見る

コミット時にチケット番号を入れるとチケットにコミット履歴が追加できるんですが、チケットの番号を間違えてPushしちゃいました。。。
そんなとき、最後のコミットだけならGitKrakenで救えることに気付いたのでメモ。

GitKrakenでamendする

間違って別のチケット番号を入れちゃったコミット履歴

このままだと#22のチケットに履歴がつかないので、コメントを修正します。
最終コミットを選んでコミットメッセージをクリックすると変更できます。
Update MESSAGEボタンを押したら修正完了。

今回は#22ブランチをdevelopブランチにマージしたときのコメントを修正しました。
#22のチケットを見ると、修正した分のコミット履歴が表示されています。

GitKrakenで修正できるのは最終コミットだけ

今回の場合、

  1. #22ブランチをコミットして
  2. developブランチにマージして
  3. Push実行

としたのですが、2の履歴しか修正できませんでした。
もっと前のコミットの修正をしたい場合は、CLIで直す必要がありそうです。

そもそもミスるなよって話ではありますが。
間違いに気付いた場合はそのままにしないで修正しときましょう。

-ツール, プログラミング
-

Copyright© そんなこと猫でもできる , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.