Python プログラミング 環境

AndroidでJupyterを動かしてみた

更新日:




先日、Android上で動作するPydroid3というアプリをインストールしました。
このアプリ、Jupyterが使えるというので試してみたら…こいつ…動くぞ…!!

環境の作り方

Pydroid3をインストールする

Google Playからインストールしましょう。
Android4.4から使えます。

必要なpackageをインストールする

Pydroid3では、pipインストールをGUIで行います。
(Console画面があるので、普通にコマンド打っても入るような気はします)

左上のボタン>Pipをタップします。

画面上部のメニューから、QUICK INSTALLを選択します。
人気が高いpackageが一覧で表示されているので、必要なものをインストールします。
今回は、Jupyterとnumpyとpandasを入れました。

QUICK INSTALLにない場合は、INSTALL画面でpackage名を入力します。
(候補が出てこないのはちょっと不便)
今回はmatplotlibをインストールしました。

Jupyterを使ってみよう

Jupyterを起動する

左上のボタン>Terminalをタップします。

Terminal画面が開きました。
コマンドを入力すると…

ChromeでJupyterが開きました!!

Jupyterでグラフを表示してみる

さっそくJupyterを使ってみます。
右上のNew > Python3をタップします。

In[ 1 ]となっている部分をタップして、以下を入力します。
こちらを参考にしました。

画面上のRunボタンをタップすると…

グラフが表示されました!!

なかなかいいんじゃないかPydroid3

端末の処理能力にもよりますが、単純な計算などは全く問題ありません。
スマホなので、入力がちょっと面倒ですが、先日Bluetoothキーボード買ったので問題なし!!

無料のアプリなので、興味がある方はお試しください。

 

-Python, プログラミング, 環境
-, , ,

Copyright© そんなこと猫でもできる , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.