PC・スマホ

自分でスマホコーティングしてみた




去年、pixel5を買いまして。

さて画面保護フィルムも貼るか。
でもあれめちゃくちゃ苦手なんだよなぁ。。。

といろいろググっていたら、スマホのコーティングという選択肢があるとのこと。
しかも家でもできるというので、さっそくやってみました。

スマホのコーティングとは

硬化するコーティング剤を塗ることで傷や汚れから守る、今までの画面保護フィルムに変わる手法です。
プロに任せる方法と、自分でやる方法があります。

プロに任せる場合

スマホコーティングマイスターという全国に店舗があるお店があります。
スマホコーティングだけで事業になるってすごいな。。。

イオンの場合はスマホやSIMを申し込んだ人を対象に半額の2200円でできます。
コーティングだけの場合は通常料金の4400円~。

画面保護であれば前面のみ、本体の傷も防止したい場合は全面コーティングですね。
料金は数千円~というのが相場のようです。

自分でやる場合

市販のスマホ用コーティング剤を使います。
今回使ったのはこちら。
1680円と安いながら、レビューが数百件ついていてまぁ大丈夫だろうと。

これをスマホに塗っていきます。

①スマホを拭く

スマホふき取り用のシートが入っているので拭いていきます。
説明書にはWet→Dryの順番で拭けと書いてあるのですが

どっちもDryだよ!!

Wetの水分どこいったんだ。
まぁ購入時のシートをまだ剥がしてなかったから大丈夫だろう。。。
Dryだけやりました。

②コーティング剤を塗りこむ

レビューでみんな「適量がわからん」と書いてたけど、なるほどわからん。
残しても仕方ないってことで全部使い切るつもりだったので、結構ドバドバ使いました。
おすすめは

  1. 最初は多めに垂らす(1発目は磨き布が吸い取る量が多いので)
  2. 乾かしたら2回目(磨き布がびしょびしょになるくらいまで足す)
  3. コーティング剤がなくなるまで繰り返す

かな。
たぶん5回くらい塗ったと思います。

適当に垂らして

ピカピカになるまでひたすら磨く。
指紋が付かなくなった!ってレビューがあったけど、5回やっても付くことは付く。。。
目立ちにくくはなるけど。。。
ゴールもよくわからないので、気が済むまででOK。

ちなみに背面がガラスのスマホは全面塗ってもいいと思いますが、pixel5はシミになりそうなのでやめた方がよさそうです。
ガラス面からはみ出さないように作業しましょう。

③しばらく放置する

説明書によると塗った直後で4Hになり、その後1週間ほどで徐々に硬化し最高9Hになるとのこと。
9Hってどういうことかというと…こちらを参照。

硬くなるから傷は入りにくくなるけど、鉄粉や砂利のほうが硬いので擦り傷は付く。
ってことは地面に落としたらやっぱり傷つくってことですね。
ガラスコーティングは9Hが限界らしいのでしゃーない。

効果あった?

今のところ傷らしい傷はないので効果はあったんじゃないですかねぇ。
手帳型ケースを使っているせいかもしれないですが。。。
わざわざ引っかいたりはしてないので正直わかりません。

このコーティング剤はすでに傷が入った状態のものを修復はできない(と思われる)ので、スマホを買い替えた直後にやるのがおすすめです。
とりあえず画面が黄ばんだとか逆に傷ついたみたいな不具合はなかったので、気になる人は一度試してみてください。
安いしね。

 

-PC・スマホ

© 2021 そんなこと猫でもできる Powered by AFFINGER5