雑記

昔話で税金について勉強する本を買った




もうすぐ確定申告の季節ですね。
今年は会計ソフトとしてFreeeを導入したので余裕!…のはず。

そんなこんなで、最近はお金…というより節税のことばかり考えていますw
サラリーマンになったときはあんまり気にしなかったんですけどねぇ。

まだまだ知識が足りないので勉強しないとなぁとググっていたら、面白そうな本が翌日に発売される!ということだったのでポチってみました。

桃太郎のきびだんごは経費で落ちるのか?

昔話のあれやこれやを現代の税法に当てはめて考える、税金の入門書的なやつです。
会話形式で進んでいくので活字が苦手な人でも読めると思います。

子供にお金の勉強させるのにもいいかも?

ある程度知識がある人だとそんなこと知ってるよ!となるかもしれないですが

  • 竹を割ったような性格のかぐや姫
  • マサカリ担いで代官から税金を取り戻しに行こうとする三年寝太郎の母
  • チャラい浦島太郎

などが登場人物として出てくるので、読み物としても面白いです。

元々はデイリーポータルZの企画だった

鶴の恩返し、桃太郎、わらしべ長者の税周りについてはこちらにも載ってます。
※本のほうは編集されて文章が変わってます

なぜそれをやろうと思ったw
みたいな企画が好き。
つまりデイリーポータルZが好きw

電子書籍はいいぞ

関係ないんですけど、この本2021年1月13日発売だったんですよ。
んで、見つけたのが12日だったので楽天koboでポチったら予約扱いになりまして。

日付変わった瞬間に配信されて寝る前に読み終わったよね。

紙の本だったら早くても本屋が開くまでは読めないもんなぁ。
文字サイズも好きに変えられるしとても便利。
昔は本は紙でないと!電子書籍は邪道!とか言ってたのに人間変わるもんだ。

また面白そうな本を見つけたら電子書籍で買いますかねー。

-雑記
-,

© 2021 そんなこと猫でもできる Powered by AFFINGER5