うちの猫 雑記

キャットタワーの爪とぎを修理した




2019年10月に購入した、麻の爪とぎ付きキャットタワー。
6000円と安いわりに未だに現役です。

爪とぎ以外は。。。

交換パーツがないので買い替えも検討しましたが、バラシて捨てるのも新しいのを組み立てるのも結構面倒。
それなら自分で修理しようと麻部分を巻きなおしてみました。

麻ロープの入手

まずは麻ロープを手に入れないといけません。
ホームセンターに売ってるのはロープというより紐という太さ。
店舗で麻ロープってどこに売ってるんだろう…?

ネットショップを見るとそれなりにヒットはするんですが、レビューを見ると

めちゃくちゃ臭い
石油の匂いがする

というコメントがちらほら。
どうも、麻ロープを作る過程で鉱物油に浸すのがメジャーらしいんですね。
臭いのも困るけど、鉱物油も猫によくなさそうだし嫌だなぁ。
ということで鉱物油不使用のロープを探したら、楽天で1店舗だけありました。

6mm、5mm、4mmとありますが、太い方が巻くのが楽なので6mmを選択。

お値段は6mm×200mで8580円。
結構いいお値段する。。。
さらに送料が別途かかります。

11000円以上購入すれば送料無料だったのですが、 このお店本当にロープしか扱ってなくて。
他に買うものがなかったので、送料を払っての購入となりました。

単価は高くない

たとえばこれだと送料無料2581円×50mなので、1mあたり52円。

それに対して今回買ったロープは送料1056円+8580円×200mだったので、1mあたり48円。
送料なしだと43円です。
1回で200m使い切ることはそうないと思いますが、またいつか巻きなおすことを考えるとまとめ買いもありかと。

巻きなおす

ということで無事ロープが届きました。
どーんと5kgあります。

油不使用なので油臭さはなし。
ほのかに麻の独特な匂いがします。

ついでに接着剤としてでんぷんのりを用意しました。
ボンドより安全かなと。

ただ、巻きなおした後の感想から言うとたぶんなくても問題ないです。

古いロープをほどく

巻きなおす前がこちら。
ボロボロでロープも切れちゃってます。

こいつをほどいていくのですが

恐らく端っこがポールに固定されていると思います。
これはそのまま残し、ロープはここから10cm程度残して切ります。

ロープを結合する

古いロープと新しいロープを結束バンドで結合します。
麻同士だと結束バンドだけでがっちり止まりますね。
古いロープは3mmだったので太さが倍になってますが特に問題なし。

ロープを巻く

でんぷんのりを塗って下から巻いていきます。
※たぶん塗る意味なかった

今回はキャットタワーを分解せずに巻きなおしたので力を入れやすく、しっかり巻けました。
麻はほぼ伸縮性がないので綿ロープより楽だと思います。

6mmロープで直径6cmのポールに1m巻くとこれくらい。

上まで巻いて、最後も古いロープと新しいロープを結束バンドで止めて完成。
ここまで20分くらいです。

どれくらい使った?

直径6cm×高さ22cmで6mくらい。
2本巻きなおしたので合計12m使いました。
残り188mあるので31本分巻きなおせますねw

このキャットタワーは10本爪とぎ部分があって、今回やらなかった部分も結構ボロボロ。
全体を3回巻きなおせると考えると、200mという量もまぁ妥当だったかなという感じです。

爪とぎがちゃんとできないと他で爪とぎしたり巻き爪になったりするので、今後も定期的にメンテしていこうと思います。

-うちの猫, 雑記

© 2021 そんなこと猫でもできる Powered by AFFINGER5