Python プログラミング

ウイルススキャン機能を追加しました

投稿日:




またまたこいつの追加修正

PythonでGoogleとBingから画像を取得するWEBスクレイピングツールを作った

いろいろあって、画像を収集するWEBスクレイピングツールを作りました。 目次1 WEBスクレイピングツール1.1 ソース1.2 機能概要1.3 開発環境2 環境準備2.1 仮想環境作成2.2 必要なパ ...

続きを見る

VirusTotalという、Googleが買収したサービスでウイルススキャンする機能を追加しました。

実装しといてなんですが、こいつ、無料アカウントだと全然使えません。。。

ウイルススキャンの使い方

まず、アカウントを取得します。

登録後、右上のSettings>APIKeyをCommonConst.pyのVIRUSTOTAL>apikeyに設定します。
有料アカウントの場合はプランに合わせてrequest_limitも修正してください。

あとは通常通り実行するだけ。
APIKeyが空でない場合はウイルススキャンを実行するようになってます。

遅い、遅すぎる

このVirusTotal、URLスキャンの場合は

  1. スキャンして
  2. レポートを取得

と、結果を知るまでに2回アクセスする必要があります。
無料アカウントだと1分間に4リクエスト=2枚しかスキャンできません。

有料アカウントだと?

どこかに料金表がないかと探しましたが見つかりませんでした。
お金払いたい人はお問い合わせくださいとのこと。
完全フリーフォーマット(しかも英語っぽい)ので、私は確認してません。
(誰か聞いたら教えてください)

個人的にはGoogle検索を通してるのである程度セキュリティは担保されるのかなーなんて思ったり。
心配な方は使ってみてください。

-Python, プログラミング
-,

Copyright© そんなこと猫でもできる , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.